FC2ブログ

お米が何倍もおいしくなる土鍋のすゝめ #1

今回は前田屋が購入してきた土鍋のお話をします。
まずは、いま持っている土鍋の画像です。
CIMG3417_R.jpg
上段左から「かまど君」「萬古焼 窯変天目」「かまどさん」
下段左から「ロッジ サービングポット」「野田琺瑯 KAMADO」
3合~4合炊きのご飯鍋ですべてAmazonで購入することができます(通販でのAmazon依存症が中々抜けないです)汗)


下段は土鍋じゃないっていうのは置いといて、第一弾は「萬古焼 窯変天目」でのご飯の炊き方を紹介していきます。

この窯変天目は私が買ったご飯鍋 第2号でして1号はそこら辺のホームセンターで買った2000円ぐらいの代物だったのですが中国製という理由で手放しました。

なんかヤバイ成分が入ってたらと思うと嫌になってきて...それでも、私をガス火でご飯を炊くと言う世界に招いてくれたことには感謝しています。

では、「萬古焼 窯変天目」でレッツクッキング!!
っと、その前に前準備の段階をお話しておきます。少々長くなりますが我慢してお付き合いください。

1.計量
結構当たり前のことですが、これを正確にすることで炊きあがりが毎回そろいます。とにかく、計量カップ(炊飯器に付いている180mlのモノ)ですり切りを心掛けてドンピシャで測って上げましょう。

2.すすぎ
すすぎ一発目のは水は米の表面に付いているヌカやホコリ等を落とす目的で一気に入れて一気に捨てます(ザルなどを使って)

水に触れた瞬間からお米の吸水は始まっています。汚れた水を吸水させないために手早く行ってください。

3.研ぎ
”すすぎ”の水を捨て、ボールに水を米の半分ぐらいまで注ぎます。指先を立てた状態で、円を描くようにリズミカルに研いであげて下さい。15回程混ぜあわせた後、水を交換して下さい。(計3回)

お米とお米をこすり合わせる必要がありますが力を入れすぎないようにしてください。お米が割れて炊きあがりベタつく原因にもなりますので程々に。

CIMG3492_R.jpg
※このような米研ぎ専用のボールと米研ぎ棒を使えば簡単に上記の作業が行なえます。

4.打ち水
”研ぎ”の工程が済んだらお米をザルにあげて下さい。その後お米にまんべんなく水をかけて最後の汚れを落として下さい。

5.水切り
”打ち水”の後、2分程すると水が切れますので次の工程に移ります。

6.水の計量
炊飯器の場合は1合に対して210ml 土鍋の場合は200mlの水量にします。


7.浸水
炊飯器に比べて調理時間が短い土鍋はこの浸水工程が最も重要といえます。この作業を怠ると必ずと言っていいほどお米の芯が残った硬いご飯が出来ますので注意が必要です。目安としては夏場なら最低30分は冬場なら1時間は浸水時間を取ってあげてください。
CIMG3498_R.jpg
※透明なお米が水を吸って白く変われば準備OK!!


長々と書きましたが、ここまでで準備終了ですお疲れさまでした。それではガスコンロに火を点けて今度こそレッツクッキング!


今回は前田屋お勧めのお米「いのちの壱」を土鍋「萬古焼 窯変天目」で炊いていきます。

いのちの壱を炊く上での補足事項
1.水の量は1割減(3合の場合540ml 1合=180ml  固めの方は3合=530ml 1合=175ml)
2.あまり研ぎすぎない。風味が良いお米なので少し濁っているぐらいが望ましいです。
3.浸水時間は60分以上


Ⅰ.ガス火の調節
下記の画像ぐらいの火加減を目安に調節してください。
CIMG3503_R.jpg


Ⅱ.加熱時間
上記の火加減で13分後に土鍋から蒸気が勢いよく出るのが理想です。
CIMG3505_R.jpg
※13分を目安にご家庭のコンロの火加減を調節してください


Ⅲ.仕上げ加熱
蒸気が吹き上がったら強火に変更して30~60秒間加熱してください。これは最後の余分な水分を飛ばすためです。(おこげが好きなお方は90秒ぐらいにしてください)

Ⅳ.蒸らし
コンロの火を切って20分間お待ちください。

Ⅴ.シャリ切り
蒸らしが完了したら直ぐにほぐし作業に移ります。十字に切り込みを入れて鍋底の方から一気にひっくり返して、空気を入れるようにご飯を切っていきます。お米の粒を潰さないように繊細かつ大胆にやってみてください。この作業はとっても重要ですので練習あるのみ!
CIMG3510_R.jpg
※シャリ切りするのがもったいないぐらいツヤのあるシャキーンと立った炊きあがりになりました。

Ⅵ.食べる
待ちに待った瞬間です。お茶碗にフワッ~となるように優しくよそってあげてください。
まずは、炊きたてのご飯の匂いをお楽しみください。次にお塩を少々。バクバクいくこと間違いなし!

「いのちの壱」は香りと食感が醍醐味のお米です。土鍋を使ってガス火で炊きあげることでお米の一粒一粒が存在感を持ち、頬張ったときに「ウッフ~」と笑ってしまうほど、今までに体験したことのない食卓を演出してくれます。比較的に炊飯が難しいと言われるこの品種もカセットコンロと土鍋さえあれば怖いものなし!!


最後に土鍋「萬古焼 窯変天目」は鍋底にご飯がつきにくくとても扱いやすい土鍋です。火加減と水の量をキッチリしてやれば誰でも気軽に簡単に美味しいご飯が楽しめます。
CIMG3426_R.jpg
お値段も6000円前後とそんなに高額ではないので、オール電化だからチョットと言うお方は卓上コンロで挑戦してみてください。テーブルの上でご飯を愛でる感がいっぱいの優雅なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?


ファーム前田屋自慢のお米「いのちの壱」も併せてよろしくお願いします。
>お米のご注文・お問い合わせはこちらをクリック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maedaya

Author:maedaya
兵庫県南部で稲作をしています。自分が美味しいと納得した品種のお米を作っていこうという農業ブログです。28年度は「ミルキークイーン」「いのちの壱」「イセヒカリ」「夢ごこち」の4品種に挑戦します。あと、一人娘の成長記録も兼ねています。

ショッピングカートはじめました!
ファーム前田屋販売HP


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR