FC2ブログ

選別網と食味の関係

前田屋です。前回から少し時間が空きましたが、
ミルキークイーンの籾摺りのお話をします。

まずは、籾摺りラインの紹介です。文字で説明する前に動画で見た方が簡単だと思うので録画してみました。(籾摺り機→石抜き機→選別機(ライスグレーダー)→色彩選別機→計量器の順です。


■籾摺り機 (サタケ NPS550)
CIMG2667_R.jpg
ロール式の5インチタイプの機種になります。時間当たり30kgの米袋で50~60袋ぐらい能力があります。インチ数とはゴムロールの幅の事で、数字が大きくなるほど処理能力が上がっていきます。

role.jpg
ロール式とは? 右と左のゴムロールの真ん中を籾が通過します。この時、左右のロールの回転スピードの差により籾殻が取れます。

この後、選別板に排出され振動により下記の画像ように区分されていきます。玄米は次の工程に行き、玄米と籾の混合部分は再び機械へと戻り、籾殻は排出用スロワーから排出されます。
sinndou.jpg

■石抜き機 (サタケ ピックストーン)
CIMG2706_R.jpg
籾摺り機を通過した玄米に混入した小石や小さな種子を取り除きます。主に玄米で食べられる方や卓上精米機で精米する方のために今年度から導入しました。石抜き機の処理能力が籾摺り機に追いつかないため2台体制での運用です。

■選別機 (ネオグレードパッカー)
CIMG2707_R.jpg
石抜きから送られてきた玄米を選別網を使って未熟米(屑米)選り分けていきます。選別網にも色々とサイズが存在しまして網の目が大きい程より大粒に選別されます。コシヒカリ系のミルキークイーンは小粒の品種なので通常は1.75mmや1.8mmを使いますが今回の前田屋は1.9mmで選別します。

なぜ、大粒にこだわるのか?

この工程こそが籾摺り選別のなかで農家が抗える唯一の工程だからなのです。食味向上を狙って米の粒を揃えるという事は炊飯の炊き上がりを均一にする目的と、米を噛んだ時の食感をアップさせるために行いますます。

仮に1.75mmの選別を行った場合。事実上、1.75mmと1.8mmと1.85mmと1.9mmの計4種類の大きさの粒が混ざることになります。これでは粒の大小によって炊き上がりのムラが出来てしまいます。逆に粒が揃っていれば炊飯時の多少の水分の増減をカバーしてくれます。

CIMG2610_R.jpg
右から 1.9mm(LL) 1.85mm(L) 1.8mm(M) 1.75mm(S)

大粒を取るということは小粒を捨てるということですので、通常よりは選別落ちした小米が発生しますが、これは美味しさとのトレードオフですので仕方ありません。今年のミルキーは良品米に対して10%程度が選別落ちとなりました。まぁこんなもんでしょうね。

■色彩選別機 (ピカ選3000)
CIMG2658_R.jpg
いろんな機械に揉みくちゃにされ精鋭選抜された玄米クン達は、いよいよ最後の関門に突入します。この色彩選別機は8インチまでの籾摺り機に対応したモデルで前田屋の5インチの籾摺り機なので選別能力にはまだ余裕があります。これを逆手にとって通常より厳しく選別することも可能になります。

色彩選別機とは? 
その名の通りフルカラー高性能CCDカメラでチェックして着色米や異物(小石、ガラス、草の種)を75個ある空気の噴射口から鉄砲のようにポンポン弾いていきます。

着色米とは以下のようなお米のことを指します。やけ米、カメ虫被害、死青米(死に青)、籾、乳白米などが挙げられます。死に青の反対である活青米(活き青)を選別しないで良品として選別してくれます。

活き青とは?
お米の刈り取り適期のほ~んの一歩前の中身が詰まった青米のことを指します。見た目は悪いですが通常の透明な玄米より甘味が少し増すといった特長があります。これらの青米は精米すると通常の白米と変わりません。農家の方々は好んでこの活き青が混ざった米を自家用として食べます。

■タンク付き計量機 (2代目カスタム仕様)
CIMG2710_R.jpg
この工程でやっと最後です。
色彩選別機から排出された玄米を昇降機で上へと運搬してタンクに貯めこみます。30kg玄米袋で約20本ぐらいは貯めることができます。この設備のおかげで一人籾摺りが可能になりました。(去年まではトイレに行く暇もなかったです)計量器の位置を少しかさ上げして腰痛仕様となっております。

長々と文章を書いてしまいましたが、前田屋の籾摺りラインは以上のような感じでお贈りしていってます。今年度の有機栽培ミルキークイーン(早)の最終平均収量は反当6.3俵でした。お疲れさまでした。ペコリ!(あと反当1表は欲しいっ~~)

さて、次回の前田屋ですが
兼ねてからお伝えしていた通り倒伏したミルキークイーン(ヘアリーベッチ)の稲刈りを記事にする予定です。乞うご期待??

前田屋でした。おやすみなさい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maedaya

Author:maedaya
兵庫県南部で稲作をしています。自分が美味しいと納得した品種のお米を作っていこうという農業ブログです。28年度は「ミルキークイーン」「いのちの壱」「イセヒカリ」「夢ごこち」の4品種に挑戦します。あと、一人娘の成長記録も兼ねています。

ショッピングカートはじめました!
ファーム前田屋販売HP


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR