FC2ブログ

催芽は気を使う

お久しぶりです。前田屋です。

今年の稲作も本格的に始まりました。有機稲作分の催芽で夜なべしてます。今日までの作業をまとめてブログに綴っていきます。

まずは緑肥のキガラシから2月末の播種から約3週間後の画像です。今年が初めてなので生育スピードが全くつかめていません。とにかく遅い
CIMG4048_R.jpg

上にの画像から更に1ヶ月後が下の画像です。このほ場はザル田と呼ばれる程、水持ちが悪い田んぼなのですが部分的にですが湿害をうけています。すき込みまで残り1ヶ月。抑草効果が期待できる生草重量にまで達するかは微妙といった所です。
CIMG4200_R.jpg

次に、ヘアリーベッチ(3月7日播種)の40日後の画像です。こちらは去年と同じようなペースです。雑草も目立ってきましたがゴールデンウィークを境に一気に茂るとおもいますので取りあえず静観かな?
CIMG4192_R.jpg

次に、鉄コーティング。今年はネットで見つけた取り組みを導入してみました。出芽のスピードと根の張りをよくするらしい~。ファイトクローム社の「ネバルくん粉末」を乾籾に対して0.8%の割合で混合してみました。お値段は1KG50円ぐらいのアップなのでオマジナイ程度つうことで楽しみです。
CIMG4218_R.jpg

鉄粉を0.4の割合で配合して反当2.5kgで直播します。育苗の工程を省ける省力稲作の鉄コーティング直播。移植に比べてほ場管理に手間がかかるので前田屋は中々実施面積が増えません。地域で導入している営農及び個人農家は私を含めて3件のみがチト寂しい限りです。
CIMG4215_R.jpg

最後に現在進行中の催芽作業です。今年も温湯消毒は諦めて有機JAS対応の微生物資材を使ってお風呂でやりくりしています。フェイスブックにチラっっと書きましたが今年から新しい品種「夢ごこち」を追加しました。低アミロース米の部類に入りますがミルキークイーンよりはモチモチしていないの特徴です。
CIMG420_R.jpg


前年度は品種ごとに作業を分けていましたが、稚苗に比べ成苗は本田への移植期間に余裕が持てると確認できましたので、同時に作業をすすめています。去年より5日遅れの種まきになるので播種後の段積みの段階で簡易育苗機のようなものを実施して出芽に7日も費やした、この工程を3日に短縮してみようかなと目論見中です。うまくいくかな~

それにしても、浸種から催芽&病気予防すべてこなしてくれるタイガーの温湯消毒機が欲しすぎる!! 毎日の水換え及び温度のチェックから開放される為に来年は検討してみよう。いや買おう。

うっ...スズメがチュンチュン鳴いてしまった。今日はお昼ごろから種まきを予定しています。前田屋でした。
プロフィール

maedaya

Author:maedaya
兵庫県南部で稲作をしています。自分が美味しいと納得した品種のお米を作っていこうという農業ブログです。28年度は「ミルキークイーン」「いのちの壱」「イセヒカリ」「夢ごこち」の4品種に挑戦します。あと、一人娘の成長記録も兼ねています。

ショッピングカートはじめました!
ファーム前田屋販売HP


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR