FC2ブログ

イセヒカリ 稲刈り&乾燥&籾摺り

ご無沙汰しております。
前田屋です。

稲刈り後の後片付けもそっちのけで夜な夜なショッピングカートの準備をしていました。最後の更新からすでに2周間も経っていました。

*いのちの壱の種籾で検索されてここに辿り着く方はもう少々お待ちください。年明けにはなんとかお分け出来る形にはなっていると思いますので、よろしくお願いします。

それではイセヒカリの稲刈りいってみましょう。
◆イセヒカリ稲刈り 10月6日
CIMG2961_R.jpg
出穂から数えて42日、走り穂から48日。収量は反当7.5俵でした。
実験で坪37株と45株での生籾重量はほぼ一緒でした。前回のいのちの壱も大差はなかったので来年はすべての圃場で坪37株で植え付けることとします。ヘアリーベッチもまずまずの出来だったので田植え後に散布するクズ大豆も15~30kgの間で調節してみようかなと。

しかし、このイセヒカリという品種は無農薬栽培に向いていると改めて実感しました。いのちの壱の圃場と比べ稲スス病の発症が軽度であったのと、籾摺り時の色彩選別機による被害米(カメムシによる斑点米)がごく少量であったこと、グレーダーの1.9mm選別でもクズ米は5%以内に収まる整粒の良いお米が収穫できました。
無農薬栽培農家にとって「神の米」と言われる所以が垣間見れたような気がします。今年の前田屋が栽培した3品種のなかで一番の出来となりました。

CIMG2935_R.jpg
3代目前田屋専用のコンバインです。去年まで平成元年製の3条30馬力のを6年ぐらい乗っていました。私自身が倉庫で乾燥・調整ばかりをしているため刈り取りに出れる時間はほぼない状態で今年は8時間ぐらいしか動いていませんでした。来年はもっと働いて頂きたいものです。

今回で前田屋の今年の有機稲作3品種すべて完了となりました。この場を借りてご協力して頂いたお方に感謝の意を込めてお礼を申しあげます。

機械等を用立てして頂いた
JA兵庫西のS様、同じくJA兵庫西のT様、伊藤農機のF様、山本農機社長様、原営農会長様

栽培技術等を参考にさせて頂いた
への字稲作提唱者の故井原豊氏、岡山の菜の花兄ちゃんことA様、徳島でへの字のK様

最後に当ブログを応援して頂いている皆様方

本当にありがとうございました。

安心で安全な生命あふれる豊かな田んぼを次世代の子へ引き継ぐために、前田屋はこれからも粉骨砕身を尽くして有機稲作に取り組んでいく所存でございます。

                                      平成27年11月22日
                                         ファーム前田屋





なんか最終回みたいな感じの勢いでですが「3代目農家の奮闘記」はまだまだ続きます。更新はボチボチですが懲りずによろしくお願い致します。

あと、FC2ショッピングカートもよろしくお願いします ペコリ
ファーム前田屋販売HP


いのちの壱 稲刈り&乾燥&籾摺り

大変ご無沙汰しております。
前田屋です。

まずは前田屋の近況をからお話します。
9月25日づけで認定新規就農者になりました。農業を親から引き継ぐという形ではなく、新たに別部門(有機農法)を立ち上げるという形でなんとか通すことができました。5ヵ年の計画で規模は3haを目指していくことになります。

事業として立ち上げているので、利益を出すことが大前提ですので近々FC2カートを使ってお米の販売を計画しています。それに伴い農薬を使わない事を大前提としているため第三者機関による残留農薬検査を受けるために先週末に検体を送りました。なんか受験しているみたいでソワソワしています。

それと、アマゾンに出品するために個人事業主開業届けなる物を税務署に提出してきました。あと、来年に向けての緑肥(ヘアリーベッチ)の補助金を受け取るためにエコファーマーの認定書類を作成中です。

このブログも栽培記録だけでは面白見がないので土鍋を使った美味しいごはんの炊き方などを研究して公開して行こうかなと計画中であります。自称土鍋マイスターを目指して前田屋は炊飯用土鍋をすでに4つ購入して日々実験中でございます。白米の炊き方や玄米の炊き方をご紹介できたらなと思っております。

ついでにもう一つ、来年からブログのタイトルが変わるかもしれません。題して
「3代目?農家の奮闘記 有機稲作&有機黒大豆へ…の巻」(仮)

兵庫県の代表的黒大豆の品種である丹波黒大豆を無農薬で作り枝豆を販売しようと画策中です。
最初は2反ぐらいからのスタートとなりますが、併せて和菓子メーカーとの契約栽培で慣行法でも作っていきます。先人の農家さんのはからいで勉強させていただけるということで挑戦してみます。
ちなみに、有機黒大豆はヘアリーベッチ&黒マルチ農法で逝く予定です。(無謀過ぎるかな?)
七転び八起き精神で気張っていきます。

前置きがかなり長くなりましたが、いのちの壱稲刈りいって見ましょう。

9月30日 いのちの壱稲刈り
CIMG2772_R.jpg
出穂から42日。 走り穂から数えて48日での刈り取りでした。結論から先に述べますと早すぎました。自分で散々コシヒカリより10日程遅れるといっていたのに悔しいです!!!
水稲生育予測サイトでは、6月17日植えでの兵庫県南部のコシヒカリ刈り取り適期が9月25日だから10月5日以降、今年の日照不足で刈り取り適期のずれ込みを予想できませんでした。2代目親父の鶴の一声で刈ってしまったのが悔やまれます。10月10日でも良かったくらいでした。反省しろよ前田屋orz

CIMG2763_R.jpg
パッと見は稲刈りできそうな色なんですが、まだ熟れてなかったようです。
CIMG2757_R.jpg
13aの圃場2枚で坪37株と47株で実験してみましたが生籾重量では両者とも約1000kgぐらいで誤差は30kgぐらいでしたので、今年発症した稲スス病のことも踏まえて37株で来年は行こうと思います。

CIMG2806_R.jpg
倉庫に帰ってきてリフトを使って乾燥機に張り込みます。このリフトはロードセンサーなる重さを測る器具をつけているので大体の重さは計量できます。ここでの重量によっておよその仕上がり玄米の数が予測できるのですが1000kg*0.6/30kg=20袋ぐらいが目安になります。この数字を見て2代目と結構いけるんじゃないか?と喜んでいたのですが、ここからが悪夢の始まりでした。

粒が大きい品種は籾殻も大きいいということで、前述のおおよその計算式が当てはまらなかったようです。いざ籾摺りしてみると未成熟米が多いことこの上なし。種籾を譲って頂いた農家さんから玄米も買っていたので事前に2.3mmの選別網でテストをして準備万全だったはずなのですが、いざ選別網を通してみると半分以上が選別落ちしてしまい急遽2.2mm網を購入しました。

13a*2=26a  26a*2=52袋 この数字が俗に言う反当10俵ということになります。
結果は2.2mm網で18袋 選別落ち品が12袋 そこから中米を1.9mm網で再選別して9袋とれました。中米と良品米の合計が18+9=27袋 これに種籾用として2袋ぐらい籾で取り置きしていますので約29袋  29/52=0.55 反当5.5俵となりました。中米は飯米として食べますので良品米としての収量は18+2/52=0.38 反当3.8俵となりました。この数字は2代目には口が裂けても言えない数字となりました。チ~ン


初めての品種なので実に面白いです。これは本当に面白い俄然やる気になってきました。このお話にはまだ続きがございまして...いのちの壱という品種はたいへん胴割れしやすいお米なので乾燥と籾摺りには細心の注意を払って作業しましたが、やはり精米で胴割れしてしまいます。品種選定時にネットで取り寄せたいのちの壱は白米の一歩手前の9分搗きが大半でした。これは胴割れ回避するために取った苦肉の策であり10分搗き(白米)との美味しさのトレードオフでもあります。

前田屋はここで考えました。いつも参考にさせて貰っているとある菜の花兄ちゃんのブログを見て気になっていた。「破米除去機」 そうだ、あれを買おう胴割れするなら割れた米を取除いてやればいいじゃないかと。

で買ったのがこれです。
CIMG3056_R.jpg
手前にある小さいのが破米除去機でこちらのメーカーさんでは白米選別機と言うそうです。
購入時に標準で付いている選別網が1.7mmと1.8mmで無理言って試作中の1.9mmを製品化されるまで借りるということで購入しました。

試しに10分搗きで精米してみました。いや~割れ米出てきますね~ ニヤニヤしながら快感を味わってしまいました。ニッチ過ぎるこの機械ですが、炊飯時に割れ米が混ざるとご飯がベタつく原因にもなり、粒を揃えることは炊きあがりを均一にするのと同意ですのでより美味しくもなるという。農家直売にとってマストアイテムだと前田屋は確信しております。


とまぁ久しぶりの更新で長々と書いてしまいましたが。読み返しなしで記事をアップロードご容赦ください。もう~日付が変わってしまった。おやすみなさい。
前田屋でした。


稲刈完了のお知らせ

長い~とにかく長い。
今年は稲刈りが大分ずれ込みました。

スミマセン~
気づけばブログの更新1ヶ月もサボっていました
前田屋です。一応生きてます。

10月末日に稲刈り、乾燥調整が終わりトドのように眠っていました。
ブログのほうもボチボチ再開していきますので、よろしくお願いします。

前田屋でした。
プロフィール

maedaya

Author:maedaya
兵庫県南部で稲作をしています。自分が美味しいと納得した品種のお米を作っていこうという農業ブログです。28年度は「ミルキークイーン」「いのちの壱」「イセヒカリ」「夢ごこち」の4品種に挑戦します。あと、一人娘の成長記録も兼ねています。

ショッピングカートはじめました!
ファーム前田屋販売HP


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR