FC2ブログ

倒伏稲刈り ミルキークイーン

今更ながら日本語入力ソフトをマイクロソフトからgoogleに変更した
前田屋です。

なぜ、今まで気付かなかったんだろう?というぐらい変換が楽になりました。

そんな話は置いときまして、本日は倒伏したミルキークイーンの稲刈りのお話です。ちなに前田屋は倒伏&ぬかるんだ圃場でのコンバイン操作がうまくないです。よって、今回も前田屋は撮影&補助に徹します。

取り敢えず全面倒伏の画像を1枚吊るしときます。
CIMG2680_R.jpg
なんとまぁ豪快にコケてくれました。ご近所でコケてるの前田屋だけです(´゚д゚`)
教訓:ベッチは中干しは強めに!!(トロトロ層が形成されるため地盤が固まりずらい)


少し長めの動画ですがお付き合いください。

倒伏した稲を刈り取る時の注意点を3つほど
1.刈り取りモード倒伏にする。
2.必ず追い刈りをする
3.手元の作業補助要因を1人つける。

1.は当たり前のことですが、たまに前田屋は忘れてたりします。

2.の「追い刈り」とは、進行方向に向かって稲が倒れてる状態のことを指します。逆側から刈るのを「向かい刈り」といいコンバインの構造上向かい刈りはエンジンに負荷をかける原因となり、あまり好ましくありません。

3.稲株ごとスポッと抜けて土の塊がコンバインの中に入ってしまうケースがあり、こぎ胴部分に入り選別網を土で目詰りさせコンバインロス(籾を圃場に捨ててしまう)を助長させますので刈り取り部から搬送チェーンに送られるまえに手作業で取除いてやります。

CIMG2689_R.jpg
爪みたいなヤツをデバイダーといいまして、地面ギリギリの所にデバイダーを下げてやると株元を上手にすくいます。この次に引き起こしチェーンにより裁断しやすい位置に調整され刈刃で稲株を切り取っていきます。

今回の圃場は倒伏方向が1方向であったため片道往復刈りでなんとか刈り取ることができました。
これが、渦を巻いていたりと、一定の方向で傾いていない場合は、さらに作業時間増大及びオペレータ泣かせとなります。

稲が倒伏すると大変面倒なことこの上ないわけですが、大ボスを使えばこんな事なんて気にする必要がないわけでありまして、、、俗に言うフラグシップ機というヤツです。Youtubeからこんな動画を拾ってきました。

6条刈108馬力 お値段1300万円也 この動画を最初に見たとき前田屋は「詰まれ詰まれ詰まれ」と念じでおりましたが詰まりませんでした。さすが大枚叩いただけのことはあるなと感心してしまいました。因みに、これは結構古い機種で最新式は同じく6条刈120馬力 1700万円だそうです。御見逸れいたしました。

さて、次回の前田屋ですが、明日予定している「いのちの壱」の稲刈りをお送りします。最近、全く出番のない「いのちの壱」と「イセヒカリ」ですが、近況を少しお話します。

両者とも稲スス病という症状が出ています。ウンカやツマグロヨコバイなど糞が葉にかかり黒カビを発生させる病気らしいです。両者とも坪37株と45株に分けて栽培していますが、45株の方が明らかにスス病の発生している個体が多いです。危機的な状況ではないにしろ、登熟に少なからず影響するみたいなので少し心配です。

いのちの壱
CIMG2737_R.jpg
パッと見で不稔粒が多いです。明日7俵行けるか?がんがれ!!

前田屋でした。おやすみなさい。


選別網と食味の関係

前田屋です。前回から少し時間が空きましたが、
ミルキークイーンの籾摺りのお話をします。

まずは、籾摺りラインの紹介です。文字で説明する前に動画で見た方が簡単だと思うので録画してみました。(籾摺り機→石抜き機→選別機(ライスグレーダー)→色彩選別機→計量器の順です。


■籾摺り機 (サタケ NPS550)
CIMG2667_R.jpg
ロール式の5インチタイプの機種になります。時間当たり30kgの米袋で50~60袋ぐらい能力があります。インチ数とはゴムロールの幅の事で、数字が大きくなるほど処理能力が上がっていきます。

role.jpg
ロール式とは? 右と左のゴムロールの真ん中を籾が通過します。この時、左右のロールの回転スピードの差により籾殻が取れます。

この後、選別板に排出され振動により下記の画像ように区分されていきます。玄米は次の工程に行き、玄米と籾の混合部分は再び機械へと戻り、籾殻は排出用スロワーから排出されます。
sinndou.jpg

■石抜き機 (サタケ ピックストーン)
CIMG2706_R.jpg
籾摺り機を通過した玄米に混入した小石や小さな種子を取り除きます。主に玄米で食べられる方や卓上精米機で精米する方のために今年度から導入しました。石抜き機の処理能力が籾摺り機に追いつかないため2台体制での運用です。

■選別機 (ネオグレードパッカー)
CIMG2707_R.jpg
石抜きから送られてきた玄米を選別網を使って未熟米(屑米)選り分けていきます。選別網にも色々とサイズが存在しまして網の目が大きい程より大粒に選別されます。コシヒカリ系のミルキークイーンは小粒の品種なので通常は1.75mmや1.8mmを使いますが今回の前田屋は1.9mmで選別します。

なぜ、大粒にこだわるのか?

この工程こそが籾摺り選別のなかで農家が抗える唯一の工程だからなのです。食味向上を狙って米の粒を揃えるという事は炊飯の炊き上がりを均一にする目的と、米を噛んだ時の食感をアップさせるために行いますます。

仮に1.75mmの選別を行った場合。事実上、1.75mmと1.8mmと1.85mmと1.9mmの計4種類の大きさの粒が混ざることになります。これでは粒の大小によって炊き上がりのムラが出来てしまいます。逆に粒が揃っていれば炊飯時の多少の水分の増減をカバーしてくれます。

CIMG2610_R.jpg
右から 1.9mm(LL) 1.85mm(L) 1.8mm(M) 1.75mm(S)

大粒を取るということは小粒を捨てるということですので、通常よりは選別落ちした小米が発生しますが、これは美味しさとのトレードオフですので仕方ありません。今年のミルキーは良品米に対して10%程度が選別落ちとなりました。まぁこんなもんでしょうね。

■色彩選別機 (ピカ選3000)
CIMG2658_R.jpg
いろんな機械に揉みくちゃにされ精鋭選抜された玄米クン達は、いよいよ最後の関門に突入します。この色彩選別機は8インチまでの籾摺り機に対応したモデルで前田屋の5インチの籾摺り機なので選別能力にはまだ余裕があります。これを逆手にとって通常より厳しく選別することも可能になります。

色彩選別機とは? 
その名の通りフルカラー高性能CCDカメラでチェックして着色米や異物(小石、ガラス、草の種)を75個ある空気の噴射口から鉄砲のようにポンポン弾いていきます。

着色米とは以下のようなお米のことを指します。やけ米、カメ虫被害、死青米(死に青)、籾、乳白米などが挙げられます。死に青の反対である活青米(活き青)を選別しないで良品として選別してくれます。

活き青とは?
お米の刈り取り適期のほ~んの一歩前の中身が詰まった青米のことを指します。見た目は悪いですが通常の透明な玄米より甘味が少し増すといった特長があります。これらの青米は精米すると通常の白米と変わりません。農家の方々は好んでこの活き青が混ざった米を自家用として食べます。

■タンク付き計量機 (2代目カスタム仕様)
CIMG2710_R.jpg
この工程でやっと最後です。
色彩選別機から排出された玄米を昇降機で上へと運搬してタンクに貯めこみます。30kg玄米袋で約20本ぐらいは貯めることができます。この設備のおかげで一人籾摺りが可能になりました。(去年まではトイレに行く暇もなかったです)計量器の位置を少しかさ上げして腰痛仕様となっております。

長々と文章を書いてしまいましたが、前田屋の籾摺りラインは以上のような感じでお贈りしていってます。今年度の有機栽培ミルキークイーン(早)の最終平均収量は反当6.3俵でした。お疲れさまでした。ペコリ!(あと反当1表は欲しいっ~~)

さて、次回の前田屋ですが
兼ねてからお伝えしていた通り倒伏したミルキークイーン(ヘアリーベッチ)の稲刈りを記事にする予定です。乞うご期待??

前田屋でした。おやすみなさい。

乾燥調整と良食味 ミルキークイーン

前田屋です。
前回に引き続きミルキークイーンのお話です。

お米の収穫作業と一口にいいましても、大まかに分けて以下の3つの工程があります。
刈り取り→乾燥→籾摺りとなります。

そのなかでも一番大切なのが乾燥です。乾燥のさじ加減で美味しくも不味くもなるデリケートな作業といえます。お米の味を考慮しないJAや大口の米穀店への出荷はお米の見た目と水分値だけで判断します。

せっかく有機肥料と無農薬にこだわったお米こそ手間隙をかけて、是非「うめぇ~」と言えるぐらいに仕上げたいものです。前田屋の目下の目標は2代目と娘に美味しいと言わせることであります。^^

良食味を狙った乾燥とは何なのか? 

結論から述べますと「低温で乾燥させる」
たった、これだけの事なんです。前田屋も含めほとんどの農家さんは実行できていません。

なぜかというと低温で乾燥させる=時間が掛かるということなんです。

早く乾燥させないと次の稲刈り作業ができないから高温で一気に乾燥して作業効率を上げようとします。でも、これがお米の風味を損なう一番の原因でもあります。

自家用や産地直売用に作っておられる農家さん達は作業効率を度外視してまでも美味しいお米をと頑張っておられます。

今年の前田屋もこれに習って低温乾燥でいってみます。それでは乾燥機スイッチ「ON」


◆乾燥調整
まずは、エアコンでいう送風運転みたいなモードで3時間ぐらい機械を運転し風乾します。

刈り取り直後の生籾の水分値は圃場での生育の違いにより登熟具合がまちまちなのでここで出来るだけ籾の水分を一定にします。

次に、35度前後の低温で水分値を18%まで乾燥させ機械を停止します。(1時間当たり0.5%の速度で乾燥させます)
CIMG2603_R.jpg
なぜ18%で乾燥を停止するの?

この工程を調質といいまして、刈り取り時に熟しきれていない青米という高水分の籾を一時的に時間をおくことによって熟した籾と塾していない籾の水分差が補完され均一な水分値に近づきます。休止時間の目安は24時間です。

丸一日後、再び乾燥開始です。
これから目標水分の15.8%まで仕上げていきます。乾燥機の水分計と手持ちのハンディ型の手動水分計と比べながら調整します。

乾燥中の籾の水分値は乾燥後に約0.5%程乾燥が進みますので16.3%を狙って手動水分計で何回も計測を繰り返し平均値を取りながら目標水分に持っていきます。

ここまで、水分値という言葉がしつこく出てきましたが、お米の美味しさを乾燥調整の段階で抗えるのがこの水分値なのです。

一般的に、16%>15%>14%の順に美味しいといわれています。
逆に14%>15%>16%の順に保存性にいいといわれています。

玄米用の低温貯蔵庫がある農家の場合は是非とも16%を狙いたいところです。水分計と格闘しながら、なんとか目標水分値にこぎ着けましたので今年の前田屋の初乾燥は完了となりました。ありがとうございます。」


CIMG2658_R.jpg
次回は、ミルキークイーンの籾摺り作業をお送りします。セッテイングに丸2日掛かりました。まさに、「倉庫番」というゲームのような感じで。2代目とああでもない、こうでもないと、いいながら設置完了となりました。

P.S
明日は倒伏したミルキーを刈り取る予定です。それでは、おやすみなさい。前田屋でした。

ミルキークイーン(早) 稲刈り

ご無沙汰しております。前田屋です。

9月15日にミルキークイーンの稲刈りをしました。走り穂が出てから約45日 出穂期から数えると40日目での刈り取りとなりました。

まずは稲刈り直前の画像です。
CIMG2547_R.jpg
次の日から連日雨といことでミルキークイーン(早)の3圃場を一気に刈り取りします。計3回の台風に持ち堪え、表立った害虫や病気に見舞われる事なく丈夫に育った稲達に感謝!!! ありがとうございます。さて、2代目親父の収量予想は反当7表。さぁ~いってみましょう!!


CIMG2499_R.jpg
約1年振りの稲刈り。当地でも一番乗りの刈り取りとなります。ここは早くコンバインに乗りたくてウズウズしている2代目に譲りまして、前田屋は撮影&補助に徹します。今回は2代目弟さんも駆けつけてくれました。


CIMG2502_R.jpg
今年で3年目のクボタ製 コンバイン WORLD460です。数字の頭の4は刈り取り条数を示していて後ろの60は馬力になります。海外仕様のモデルなので余計なセンサー類はカットされ耐久性の高いクローラー(キャタピラ)とチェーンを装備した憎い野郎です。20年使うつもりで清掃&整備は徹底的に行っています。

農家にとって高額な農機具を自分でメンテナンスor修理が出来るという事が経営する上でとても重要な要素の一つであるというのを2代目から口がすっぱくなる程、言い聞かされています。実際に去年まで使用していた平成元年製のコンバインは嫁ぎ先で現役バリバリで頑張っております。オペレータによる機械をいたわりつつ、限界まで酷使しない乗り方を前田屋は心がけています。


CIMG2514_R.jpg
タンクが一杯になるとコンテナに移します。コンバインのタンク一回で約400kgの生籾が排出されます。昔のコンバインの籾袋で約20個分に相当します。奥に移っているのがトレーラーを装着した回送用のトラクターです。クローラーを痛めないためにコンバインは道路を走行しないようにしています。

籾排出時の動画です。




CIMG2543_R.jpg
最初の圃場をなんとか午前中に終わらせました。生籾重量で計算した大まかな反当収量は6.5俵でしたムムゥ~~お疲れ様でした。

CIMG2590_R.jpg
続いて、2番目の圃場です。本日は前田屋の出番はなさそうです。2代目はまだやる気満々のご模様です。

CIMG2595_R.jpg
周りはすべて晩成のヒノヒカリ一色です。早生のミルキーはスズメの被害でてんてこ舞でしたが、こちらの圃場は比較的交通量の多い道路に面しているせいか最小限の被害ですみました。ちなみに生籾重量で計算した大まかな反当収量は7.0俵でした。

続いて、3番目の圃場と行きたいところですが、前田屋が機械に乗っていたため画像がなく申し訳ありません。予想収量だけでも書いときますが驚かないでくださいね。一番スズメの被害にあった圃場(この記事で最初に出てきた画像)です。周りに鉄塔や屋根の大きい倉庫など、スズメが小休憩出来る場所が多かったのが集中攻撃をくらった要因だと思われます。ひどい時には200羽以上が食ってたようです。とまぁ~言い訳が長くなりましたが結果5.0俵でした。シクシクもんです。
来年なんか考えます。極早生の品種を植えて公式の餌場でも作ってやろうかしら??

只今、ミルキークイーンは前田屋の倉庫で乾燥中であります。食味向上を狙って低温乾燥、及び二段乾燥中です。乾燥の詳しいお話は次回の記事でお話します。籾摺りラインのセッテイングがまだ完了していないので行ってきます。 それでは、よい一日を前田屋でした。

プロフィール

maedaya

Author:maedaya
兵庫県南部で稲作をしています。自分が美味しいと納得した品種のお米を作っていこうという農業ブログです。28年度は「ミルキークイーン」「いのちの壱」「イセヒカリ」「夢ごこち」の4品種に挑戦します。あと、一人娘の成長記録も兼ねています。

ショッピングカートはじめました!
ファーム前田屋販売HP


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR