FC2ブログ

菜種粕散布

どうも、前田屋です。

本日は、ミルーキークイーン(早植え)の圃場に菜種粕散布を行いました。まずはこちらの画像から
CIMG1647_R.jpg
以前、お話していた中古のコンポキャスタ(肥料散布機)です。結論からいいますと、この作業機とても扱うのが難しいです。比重が軽い菜種粕を蒔こうとすると風になびいてあらぬ方向に飛んでいってしまいます。苦肉の策で後ろに簡易的な飛散防止用の風避けシートを急遽作成しました。この日は助っ人に弟君を呼んでいたので、ああでもない、こうでもないと言いながらDIYを楽しみました。田んぼのシーズンになると、私の弟や妹の旦那がスポット的に手伝いに来てくれるので助かります。

備忘録として設定を書き残します。
菜種粕1反あたり75kg散布
コンポキャスタのシャッター開度1
トラクターPTO1、M-4 エンジンの回転数2300

CIMG1650_R.jpg
日焼けなんてそっちのけで前田屋は全開で頑張っております。

ミルーキークイーンは5月30日に代掻き、6月2日に田植えを予定しています。鉄コーティング用の代掻きも併せて行いますので明日は田んぼの入水作業にいってきます。

おやすみなさい

親子遠足 in 明石海峡公園

今日は保育園の行事である親子遠足です。
明石海峡大橋を渡ったところにある明石海峡公園に行ってきました。この公園は関西空港建設のために使う土を山を切り崩して出来た跡地に立てられた約100haの国営公園だそうです。ホームページはこちらです。
http://awaji-kaikyopark.jp/

CIMG1595_R.jpg
出発まえから大はしゃぎしてます。お菓子も貰って準備OK!

CIMG1618_R.jpg
まずはスワンボートで船長気分を堪能中~。

CIMG1622_R.jpg
ジャングルクルーズばりの緑がつづきます。総工費いくら掛かってるのか考えただけでも怖い...

CIMG1625_R.jpg
なんちゃってディズニーランドがまだまだ続きます。

CIMG1628_R.jpg
鯉さんにエサをあげながらボート内で早めの昼食です。

2013-09-21.jpg
私は地ビールをラッパ飲みしながら飲酒運転。飲んでくれと言わんばかりにボート発券窓口で売っていたので素直に酔っ払ってます。

CIMG1630_R.jpg
スワンボートで出会った保育園の友達家族と一緒に行動することになりました(汗)

CIMG1636_R.jpg
環水平アークという虹によく似た現象が兵庫県で観測されました。

2014-05-14 R
ちなみに去年の遠足はこんな感じで1人で行動していました。

今回は娘にもたくさんの友達が出来てとても楽しそうでした。他の家族と行動をともにするというイレギュラーな出来事が、とてもいい刺激になり子育てをしてるな~と感じてしまった次第でございます。

さて、明日の前田屋はJA委託の種まき約450枚とミルーキークイーン早植えの田んぼをトラクターで代掻きまえ最後の耕起を予定しています。
それでは、おやすみなさい。

有機栽培用の苗の品評会

実に天気がいいです。
どうも、こんにちは。日焼け後がピリピリしている前田屋です。
CIMG1536_R.jpg
種まき、育苗ともに順調に進んでいます。今年の有機栽培用の苗をご覧ください。


■ミルキークイーン(早植え)
CIMG1588_R.jpg
何もかもが初めての子です。草丈も16cmぐらいになりました。そろそろ出陣の時期を迎えようとしています。成苗を作るうえで、すべての責任を背負って4月20日スタートしたミルキー1号はとても立派に育ってくれました。あとは、追肥の肥料が切れるのを見計らって本田に投入します。

「稲に三黄あり」という言葉がありまして、黄色い苗ほどデンプン率が高くなり活着しやすくなります。
また、初期生育を鈍らせて虫さんたちにとって、まずそうな苗(青々としていない)を演出して他の田んぼに行っていただきます。これぞ「への字」の極意。

■ミルキークイーン(遅植え)
CIMG1587_R.jpg
5月1日種まきのミルキー2号です。苗だしから約2週間で追肥をしました。1号に比べてまだ青々としています。草丈がちと心配です。

■イセヒカリ
CIMG1590_R.jpg
5月8日種まきのイセヒカリ。28日に追肥予定。こちらは安心して静観しています。

■いのちの壱
CIMG1589_R.jpg
同じく5月8日種まきのいのちの壱。こいつが悩みの種っす。イセヒカリとまったく同じ環境で育てているのですが、この徒長っぷり品種特性なのか、他の品種と比べて粒が大きいことに起因しているか現在地調査中です。本日、苗踏みの刑を喰らわせてやりました。ガンガレ

本日、午前中は酒米用の中生新千本を種まきをしました。土曜日にヒノヒカリと併せて800枚の予定でしたが、種籾がハト胸になってしまったので急遽変更。朝4時から一人で種籾の脱水、播種機のセッティング、苗箱出しと8時に準備完了。助っ人の弟を呼んでおいたので、親父と3人で家族種まきを楽しみました。
CIMG1592_R.jpg
340枚。中生新千本はヒノヒカリより出芽が早いをメモっときます。

P.S
明日は待ちに待った親子遠足の日です。娘といっしょに明石に行ってきます。
おやすみなさいです。

慣行田種まき開始

ご無沙汰しています。前田屋です。
忙しいです。ブログの更新さぼってました。スミマセン

とりあえず、近況報告です。
CIMG1489_R.jpg
イセヒカリ(左)、いのちの壱(右)ともに播種作業及び苗だし完了しました。

CIMG1493_R.jpg
黄色の箱がミルキークイーン1回目、黒い箱が2回目です。

CIMG1496_R.jpg
5月下旬に田植え予定のミルキークイーン(成苗)背丈が規定の丈までいくかちょっと心配です。

CIMG1492_R.jpg
倉庫で眠っていた年代物の田植え機の出番が遂にやって来たという感じですかな?

製作中のチェーン除草機は4条植えのヤンマー田植え機を改造中!後ろの植え付け部分は可哀相ですがスクラップ行きになりました(南無)全長3.6Mの除草部で12条分が一回で出来るように考え中。チェーンの間隔は約3cmおきなので120本のチェーンが必要なのですが、チェーン除草に適しているクルマ用のクロスチェーンを探しまわっている最中です。昔、親父が使っていたのを分解して46本は確保できましたがあと80本分を親父の知り合いに当たってもらっています。今のところ材料費はゼロなので何とか無投資でいけそうです。親父ありがとうな。


さて、表題の慣行田用の種まきですが、今回は少し動画を撮ってみました。暗くて見にくいですがご容赦ください。


CIMG1528_R.jpg

慣行田用のヒノヒカリという品種(乾燥籾で約100g)の作業をしています。今回は苗箱剤を同時に散布しています。動画の最初の方に出てくる「ポン」といって跳ねているのがスミ取り装置といいまして苗箱の両端の盛り上がった土を取り除く装置です。これがないと両端の発芽不揃いをまねき田植え機での植え付け作業時に欠株が発生してしまいます。動きが少し可愛いですが以外と重要なんです。本日は酒米用も併せて計600枚ほど播種で4時間ぐらいで完了!お疲れ様でした。


P.S
先週末に潮干狩りにいってきました。
CIMG1462_R.jpg
貝堀そっちのけで牡蠣のカラばっかし集めてます。

CIMG1453_R.jpg
姪っ子とはしゃぎまくり! この後、海水の温度が低めだったため2人ともブルブル震えていました。
ちなみに釣果(貝)はゼロでした。こどもは500円だからまっいいか...

いのちの壱&イセヒカリ催芽

お天気がすこぶる調子がいいです。今日もトラクターの作業に追われるなか催芽作業を行いました。

稲作における催芽とは積算温度100℃前後で芽を切り始めた種籾(はと胸状態)を揃えるための作業です。初回のミルキークイーンの出芽まで約6日を要しましたが、実験で催芽を行った2回目のミルキークイーンでは3日で出芽を確認できたので、今回から正式採用しています。世の中には催芽機といわれる機械もあるそうなのですが少量なので浴槽で済ませています。
CIMG1474_R.jpg

CIMG1479_R.jpg
30度ぐらいの水温で約12~24時間浸けることにより種籾をハト胸状態を揃えます。

家族全員にとっとっとお風呂に入ってもらい作業完了時刻が21時ぐらいでした。前回の作業が16時間ぐらいで終了したので、12時間後の明日の9時ぐらいから1時間おきにチェックします。この作業を怠ると芽が出すぎてしまい機械での種蒔きの時に精密な播種が不可能になりますので少し気を使います。

今年の有機栽培用の種蒔きも明後日で完了となり、残るは慣行栽培用の種蒔きラッシュです。予定では14日に600枚、18日に800枚、24日に300枚です。後は自家栽培用の鉄コーティング60kgを早く終わらせないとな、、、
それでは、おやすなさい。

追伸
最近、娘に好きな男の子ができました。こた君というそうです。やっぱり女の子はおませさんですね~
ちなみに、私は小3で愛ちゃんと言う人でした。(ってか聞いてないですよね~」)

いのちの壱&イセヒカリ塩水選と食味感

ゴールデンウィーク真っ只中、頑張って家族サービスをしながらも塩水選と浸種を行いました。今回はいのちの壱とイセヒカリです。まずはイセヒカリからはじめます。比重1.17の強めの塩水選にもかかわらず、浮いた種籾は2割ほどでした。今回は「のうけん」という種籾販売会社から買ったものなのですがとても良質な種籾でした。

次にいのちの壱ですが、こちらは岐阜県の農家さんから種籾を譲って頂いたものです。同じ比重で作業したところ半分程が浮いてきてしまい比重を少し軽めの1.13で行いました。普通の品種のおよそ1.5倍はある粒の大きさに関係があるのかも知れないですが、何とか予定の種籾量を確保できました。
CIMG1473_R.jpg
比較画像です。左がいのちの壱、右がイセヒカリ。

CIMG1434_R.jpg
イセヒカリを塩水選中です。娘もまたまた頑張って手伝ってくれてます。
CIMG1438_R.jpg
作業後半にはもう水掛け合戦になってびしょ濡れです。気温も段々と上がってきて田植えの時期が近いと実感させれれます。


私の個人的な感想ですが今年の前田屋の栽培品種の特徴を少し説明したいと思います。、いのちの壱は粒が大きいので噛み応えがあり今までに味わったことがないとても特殊なお米です。炊きたてをおにぎりにすると抜群に美味しいくておかずによく合います。

次に、イセヒカリも特殊なお米でいわゆる硬質米という部類に入り、炊飯前に一定時間水に浸すか水を多めにして炊く必要があります。こちらの特徴はモチモチと言うのではなく、さっぱりとした味わいで酢飯や丼もの、カレーライスなどに最適です。

最後にミルキークイーンはご存知の方も多いと思われますが、俗にいう低アミロースのお米でモチモチして粘りがあるのが好きという方には文句なしにお勧めできる品種です。冷めても美味しいのと、今まで食べ親しんできたお米に2割から3割ブレンドすると、より一層お米の味が引き立つブレンド用にも適したお米です。ちなみに私の娘はこのミルキークイーンが大好物です。

とまぁ話はそれましたが、いよいよ田植えに向けて慌しい時期になってまいりましたが、残り少ない連休を有意義に過ごしてから臨戦態勢に入りたいと思います。

P.S
有機肥料散布のためにコンポキャスタなる機械を農機具屋さんに中古でお願いしていたのが見つかり、ひと安心しているところです。今年はJA経由のデモ車を一日だけ借りれることになっていたのですが、やはり自己所有のほうが急な事態にも対応できるので購入に至りました。

http://www.takakita-net.co.jp/seihin/tuchi/cc/

プロフィール

maedaya

Author:maedaya
兵庫県南部で稲作をしています。自分が美味しいと納得した品種のお米を作っていこうという農業ブログです。28年度は「ミルキークイーン」「いのちの壱」「イセヒカリ」「夢ごこち」の4品種に挑戦します。あと、一人娘の成長記録も兼ねています。

ショッピングカートはじめました!
ファーム前田屋販売HP


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR