FC2ブログ

穏やかな一日

今日は祝日、大好きな一人娘とほのぼのと過ごせることができました。農家さんにとっては晴天続きで絶好のトラクター日和が続いていますが、前田屋ではトラクターでの作業はお休みにして倉庫内でできる簡単な作業をしました。鉄コーティング2回目の酸化促進のための水打ちに始まりミルキークイーン苗の寒冷紗の撤去&鳥避けネットの設置、成苗の追肥用の液体肥料を近くのホームセンターで注文して来ました。

CIMG1391_R.jpg

CIMG1395_R.jpg
1回目の鉄コーティングが完成しました。

CIMG1422_R.jpg

CIMG1424_R.jpg
こちらは酸化促進中。鉄コーティングもやっと折り返し地点まできました。

CIMG1416_R.jpg

CIMG1419_R.jpg
ミルキークイーンの苗もなんとか見れるようになってきました。さすがに50g蒔きはスカスカですが頑張って!!

CIMG1413_R.jpg

CIMG1411_R.jpg
こちらはベチ子ちゃん。雑草との生育権争い真っ最中です。こちらもガンガレ!!


今日は娘とたくさんの会話ができました。鉄コーティングのお話、ヘアリーベッチのお話と少し難しいですが、丁寧に教えてやると真剣に聞いてくれるので話がいがあります。

娘の出産を機にサラリーマンをやめて農業を選びましたがこれでよかったと日々実感しております。前田屋の今年の目標は農繁期であっても家族の時間を最優先することを第一に邁進していきたいと思います。それでは、おやすみなさい。

ミルキークイーン出芽

本日は、ミルキークイーンが出芽しましたので苗出しを行いました。
CIMG1380_R.jpg
段積みでの加温出芽でしたので、下段の方は出芽揃いが悪いです。やはり25段積みは無理があったみたいです。次回は15段くらいでやってみようと思います。親父はこの方法で毎年やっていて問題ないので、このまま様子見です。育苗期間が長い成苗なので最終的には追いつくであろうと思います。しかし、気温が中々上がらなくて出芽まで6泊7日掛かりました(汗)

さて、倉庫のまえのコンクリート広場に苗を広げていきます。枚数が150枚と少ないの20分ぐらいで完了しました。遠めで見ると芽がまったく見えない箇所の方が多いのは内緒にしといて下さい。
CIMG1384_R.jpg

この後、寒冷紗を掛けて直射日光とスズメやカラス等から守ります。約1週間ほどで寒冷紗を撤去した後にプール育苗に移っていきます。今年は委託も含めて約2000枚(8品種)作りますので、まだまだ始まり中の始まりです。
CIMG1388_R.jpg
日曜日なので娘にも手伝ってもらっています!? ちなみに左上に写っているお方が前田屋二代目の親父さんです。

明日は休耕田をハンマーナイフモアーで草刈り、2回目の鉄コーティングの種籾の乾燥処理をしていきます。あと新規就農の完成書類を役場に提出してきます。これはこれで、どうなることやら...
それでは、おやすみなさい。

花祭り

本日は、一人娘の保育園の行事にいってきました。仏教系の保育園なのでお釈迦様の誕生日に行われる花祭りというものです。正確には4月8日なのですが、少し遅れての誕生祭です。


年に一回だけの花祭りの歌を私はとても気に入っています。が今回はとても短かった。
その代わり園長先生の説法がすごく長かった。でも内容はよかったです。

無宗教に限りなく近い仏教徒の私ですが、逆に妻がとっても熱心な仏教徒でして、いろんな教えを聞いてもフ~ンぐらいにしか思わなかったのですが、子供をこの保育園に通わせるようになってからは少し見方が変わってきました。

私もこの保育園の卒園児という理由だけで最初は行かせていましたが、30年以上たった今になってお釈迦様が私に教えを説いてくださるような気がしてなんかジーンとくるものがあります。実際に私の両親も私をこの保育園にいかせて同じことを感じとったかもしれません。

「諸法無我」
全てのものごとは影響を及ぼし合う因果関係によって成り立っていて、他と関係なしに独立して存在するものなどない。って事なのかな? 耳にたこができる程、教えられた妻の言葉「陰徳を積む」という行為も最近受け入れるようになった気がします。宗教セミナーぽっくなってしまってスミマセン。

CIMG1371_R.jpg
お釈迦様に甘茶を注いで拝みます

CIMG1378_R.jpg
会場の近くのハイキングコースにて散歩してきました。お釈迦様の難しい教えとまではいきませんが、思いやる心、助けあう喜び、感謝する気持ちをこの保育園にて育んで欲しいと思う次第でございます。

鉄コーティング

本日、鉄コーティング処理をしました。下記の画像が前日の種籾達です。

CIMG1275_R.jpg

浸種してから積算温度50℃でいったん引き上げて、適度に乾燥させてあげます。コーティングするまえに水分を含んで膨張した種籾を引き締めてから作業にはいります。この作業を抜くと種籾がロール部分を通過する時に鉄のコートが剥がれてしまい、出芽率の低下を招くそうです。これは専用機械で点播する場合のみでヘリコプター散布には該当しません。

まずはコーティングするために鉄粉と焼石膏を混合します。
CIMG1349_R.jpg

これが自作の鉄コーティングマシーンです。コンクリートミキサーに板金屋さんにお願いして作って頂いたステンレス製の回転盤をくっつけたものです。
CIMG1348_R.jpg

最後に仕上げ用の焼石膏を入れて完成です。
CIMG1353_R.jpg

コーティング率0.5(乾燥籾1kgに対し鉄粉0.5kg)の仕上がり
CIMG1355_R.jpg

こちらがヘリコプター散布用コーティング率0.25の仕上がり
CIMG1361_R.jpg
さすがに0.25は難しいです。今年で5年目ですけど、この比率は初めてしました。機械での点播ではなく上空から振りまくので種籾が土に埋まらないように軽めにとのことらしいです。

CIMG1364_R.jpg
酸化が進むと熱が発生するのでブルーシートの上に薄く均一に広げます。この後、ある程度乾燥したら酸化を促進させるために噴霧器で水を足していき5日程で完成します。

◆鉄コーティング作業のポイントを備忘録
一、鉄粉と焼石膏の混合物を入れる前に種籾を湿らせすぎない。
二、種籾の水分量が均一になるまで回転させる
三、混合物(粉)は4回ぐらいに分けて投入する
四、粉が種籾表面に浮く程度の水分量に調節してから、しばし回転をさせ粉を均一にさせる
五、じょじょに水分を足していき粉を種籾に定着させる(1層目)
あとは四、五の繰り返しで4層のコートをするつもりで1回分の作業時間は約20分を目安に

後、2回分の鉄コーティングが残っているので倉庫が狭くて使いにくいです。さっさと終わらせないと...

追伸
今年も、前田屋の倉庫にもツバメさんがやってきました。ピンボケしてすみません。
CIMG1352_R.jpg

ミルキークイーン播種と健苗(成苗)

本日は、ミルキークイーンの播種作業を行いました。
まずは、こちらの画像から

CIMG1243_R.jpg

今年導入したNew播種機です。これは私の独断と偏見で親父に黙って買ってしまったやつです。なにせ今まで使ってきた播種機は30年以上前の骨董品レベルのものでして、何よりも先に更新したかった機械のひとつでもあるんです。

苗半作とはよく言ったもので有機栽培における育苗はとても重要な部類にはいります。今年挑戦する育苗スタイルはズバリ成苗作りです。苗には色々種類がありまして一般に育苗されているのは稚苗といい、播種から田植えまでの生育期間が20日ぐらいで一枚辺りの播種量がおよそ150~200gです。そして、中苗というのが生育期間が25日~30日程で一枚辺り80~120gで、成苗は生育期間が35日~40日ぐらいで40~60gぐらいが目安とされています。

なぜ、成苗を選んだかという理由ですが葉齢4.5、草丈16cm以上の苗を移植するためです。無農薬栽培にとって一番の大敵はやはり雑草です。雑草も大きく分けると2種類の特性があります。一つは酸素を吸収して発芽する(湿生雑草)タイプと無酸素状態になると発芽する(水生雑草)タイプです。

前者の代表的なものはヒエという雑草で、代掻きの後、田面を一度でも露出させると発芽のチャンスを与えてしまいます。酸素の供給を断つ深水管理(水深10cm以上)が有効と言われています。また、深水管理をすることで初期生育を抑えるという「への字農法」にも応用できます。

後者はコナギ、ホタルイなどで、代掻きをすることにより土壌は無酸素状態に陥り発芽を許してしまいます。こちらは有機酸を発生させる物質を代掻き前に投入することで抑草効果を狙います(今年はヘアリーベッチと菜種粕を採用予定)この有機酸というのが多少なりとも苗にもダメージを与えるので、より元気に育った成苗を植えることでリスクを取り除いてやります。

少し話しはそれましたが、今年はこのコンマ製の播種機で乾籾で約50gで150枚蒔きました。
親父は今まで稚苗ばかりだったのでこんなに薄蒔きで大丈夫なのか?不安そうでした。
成苗にも欠点がありまして田植え機での移植時に欠株が出やすいということです。まぁそのためにこの精密播種機を買ったんですが、この結果は移植予定日の5月25日までお預けということで今日はおしまい。おやすみなさい

CIMG1248_R.jpg

ミルキークイーン種子消毒&催芽

ミルキークイーンの積算温度が約100℃になったので種子消毒の行程にはいります。予定では温湯消毒という60℃の熱湯に10分間つける方法を試そうとしていたのですが、塩水選作業から速やかに熱湯につけないと発芽率に影響がでるとのことでしたので今回は見送りました。なにせ塩水選作が初めてでしたので大事をとって以下の微生物消毒薬を使いました。以下のページで紹介されてます。
エコホープDJ
http://www.eco-series.com/ecohope_dj.html
CIMG1230_R.jpg
コレが微生物のチカラなのか? 消毒液の色が凄いことになってます。

前出の温湯消毒は高温で病原菌を殺菌するのに対し、こちらのエコホープDJは種子に影響がない菌を発生させて他の病原菌の増殖を抑える方法だそうです。一応この手の薬は有機農法で使っても大丈夫なようなので今年はこれで行きたいと思います。現時点でごく僅かですが芽を出しているので消毒液に24時間〜48時間ぐらいを目安に常温の水で浸種します。一般的には32℃の水で16時間〜24時間の催芽を行いますが、我が家では昔ながらの浸種のみの芽だしをおこないます。播種前日の夜に水切りをしてナイロンでくるんで保温して翌日に播種という流れになります。

続いて、JA委託分の鉄コーティング処理用の種子の浸種を行いました。合計100kgで2日に分けて作業をします。品種はきぬむすめという兵庫県の奨励品種です。積算温度50〜60℃を目安に浸種後(種籾を冬眠から覚醒させる温度らしい)コーティング作業に移ります。ちなみに、以前行った昨年の種子の発芽テストですが50%程の発芽率で大惨敗でした。ムフッ‼︎
CIMG1233_R.jpg

CIMG1236_R.jpg

土曜日に作業をしたので娘にも手伝ってもらいます。この後、一緒にトラクターで田んぼを耕してきました。
CIMG1222_R.jpg

CIMG1229_R.jpg

ミルキークイーン塩水選&浸種

本日は5月下旬に田植えを予定しているミルキークイーンの塩水選と浸種を行いました。以下参考動画です。



20kgの種籾を比重1.14で約13kgの種籾を採取できました。水利の関係上ミルキークイーンの田植えは2回に分けて実施する予定です。以下栽培計画。

◆5月下旬(ミルキークイーン)
鶏糞&菜種油粕を使った有機酸発生を狙った(有機質肥料一発のへの字生育)
田植え直後のクズ大豆散布
チェーンによる機械除草
深水管理

◆6月上旬(ミルキークイーン)
緑肥有機栽培(ヘアリーベッチによる有機酸による抑草を使ったへの字生育)
チェーンによる機械除草
緑肥の生草重量が足りない場合は田植え直後のクズ大豆散布
深水管理


への字についてまだ説明している記事がないので少しお話します。
への字とは故•井原豊氏が提唱した稲の育成方法です。生育初期を出来るだけ抑えて生育中期に肥料を効かして分けつ数(茎数)を稼ぎ稲に無理をさせないで多収を図る技術です。この農法は他人の田んぼよりも遅く育てて害虫の被害を最小限に抑えるれるという利点があり無農薬栽培にとって有効な方法の一つと言われています。


さて、話は戻りますが今月の気温で約7日後に積算温度100度ぐらいになると見込んでいますので、それから催芽に入りたいと思います。今年の種まきはある新兵器をロールアウトするので(なんかガンダムみたい)お楽しみに。ってかまだ納入されてないのに種を水に浸けてしまったけど大丈夫なのかな...

CIMG1217r.jpg
塩水選後しか画像ないですが、こんな感じです。


あとベッチちゃんの経過報告です。
CIMG1212.jpg

CIMG1214r.jpg
ガンバレ~おれっちのベチ子ちゃん!?

入園式&お花見

ご無沙汰してます。

今年から親の経営とは別に新たなる部門で水稲(有機)をやるという形で新規就農制度を利用するために書類を色々と作っています。自治体の農林水産課に最終的に書類を提出するのですが、その前に農業普及センターという所でチェック受けます。これが、またはっきりしないところで明確な答えかえってこない事がしばしばあり憤りを感じています。なにせ、今年の2月から動いている案件なんですが、迷宮入りしそうな気配でもあります。書類は9割ほど完成しているのですが審査が通るかどうかは定かではない状況です。去年まではそんなに厳しくなかったらしいですけど、今年から一部制度が変わりまして給付金の受け取りも厳しくなっているそうです。

もし、新たに新規就農されるかたがいましたら可能な限り書類の書き方とか雛形みたいなのは提供できると思いますので気軽にコメントでも残していってください。

話は変わって、先日一人娘の入園式にいってきました。今年から保育園から認定こども園になるらしいですが何がかわったのか説明すらされませんでした。たぶん、私みたいに補助金の面で有利になるのかなとも思っています。
去年の遠足や運動会で体操やダンスをまったく受け付けなかった子が、今年の入園式のプログラムのお歌とお手々
遊びを楽しそうにしてました。協調性を重んじる日本の教育スタイルはあまり好ましくないと思っていて、無理強いをさせてこなかった面もあるのですが、少しほっとしています。帰りに弁当を買ってお花見をしてきました。

CIMG1196_R.jpg

CIMG1111_R.jpg

続きを読む»

プロフィール

maedaya

Author:maedaya
兵庫県南部で稲作をしています。自分が美味しいと納得した品種のお米を作っていこうという農業ブログです。28年度は「ミルキークイーン」「いのちの壱」「イセヒカリ」「夢ごこち」の4品種に挑戦します。あと、一人娘の成長記録も兼ねています。

ショッピングカートはじめました!
ファーム前田屋販売HP


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR