FC2ブログ

鉄コーティング発芽テスト

本日は鉄コーティング種子の発芽テストをしました。
CIMG1070_R.jpg

前田屋では4年前から湛水直播栽培を導入しています。説明は以下リンクからどうぞ
http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/html/agriculture_info/tetsuko/about/

前年度に余った種子を今年に流用するかどうかのテストです。今年度用の種子をそろそろ準備をしなくてはならないので、使えるなら去年のを使ってしまおうという算段です。ホントはメーカーからは推奨されていないのですが、ものは試しということです。

最近では農作業の省力化という観点でこの鉄コーティング技術が注目されています。私の所では専用の田植え機で播種していますが、コスト削減を重点においている営農組合などはヘリコプター散布をしている所もあるようです。実際に鉄コーティングの種を委託で受けているのですが、近隣の2営農組合で今年実施予定らしいです。作業風景は以下の動画です。

鉄コーティング種子のヘリコプター散布



この技術のデメリットは結構あります。第一に除草剤前提の農法であること、第二に水の管理が非常にシビアなこと、第三にジャンボタニシの食害にあうことです。3つ目が洒落にならないほど脅威的で前田屋では2年前に60aの田んぼを全て植えなおしという被害にあいました。今はこのタニシがあまりいない田んぼでしかこの農法は実施していません。いずれ全ての田んぼに蔓延することになりますが...ちょっと怖い動画をひとつ紹介します。



そんな怖~いジャンボタニシですが田植え機での苗を植える従来の農法だと被害は最小限で済みます。いろいろと対策はありますが、とにかく苗を丈夫に作る。これが一番の対処方法です。苗半作といいますが苗作りが一年でもっとも神経をすり減らす時期だと父親はよく言っていました。

次回はこの丈夫な苗いわゆる健苗をテーマにして記事を書こうと思っています。
それでは、おやすみなさい。

機械除草について

無農薬有機栽培で一番重要なのが雑草を抑制することなのですが、今年の除草方法を少し考えてみました。当初は自走式の水田除草機の購入を考えていたのですが、やはり最初から多額の資金を投入するのは経営上よくないと判断したので古い田植え機を使って自作することにしました。買う気満々だった機械が以下です。



これ6条用だと定価で50万もする機械なんですが、補助金等を使って40万ぐらいの金額で狙っていたのですが、とある20年以上も有機栽培されていて、私からしたら神様みたいな方からの助言でそれはお勧めできないと言われましてやめることにしました。

そのかわり、高くてもいいならこれ買っちゃいなよと言われたのがこれ

水田除草機 SJ-6EP
http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/html/product/taueki/solution/jyosou.html
約90万。。。エッエーー 実はこの機械のアタッチメントで湛水直播機(鉄まきちゃん)を持っているんですがそれが確か60万ぐらいだったと思うんですが、それにしても高すぎる!! 親父よ農機具は高いよな~ホントに


てなわけで、今年の前田屋は自作乗用除草機(チェーン使用)に決定しました。イメージ的にはこんな感じです


田植えまでに作らないと...



余談ですが、私が密かに狙っている除草機がこれです。

ブラシローラー型水田除草ロボット
http://jyosou-robot.livedoor.biz/pdfs/omote3.pdf

現在開発中ということで、この機械のために除草機貯金することにしました。いつ発売されるかわからないけど予約するつもりです。お値段100万円ぐらいです。

これのイイところはロボットなのでほったらかしにできる。ガソリン2Lで100aの除草が出来て省エネ。ホバークラフトなので基本的には苗を痛めない。田んぼの枕地を荒らさない。自前のGPS基準局を使えば誤差2cm以内という究極っぷり。

私が主に作っている小さい田んぼ(13a)にも使えるようなので人柱覚悟で買います、買わせて頂きます。と少し熱くなってしまいましたが機械除草機のお話でした。

おやすみなさい

今年の作付け予定

先日、緑肥用の種を蒔いたた田んぼの作付け品種を検討中です。面積にして約60aで田んぼ5枚(各13aづつです)

予定ではミルキークイーンを26a、イセヒカリを13a、いのちの壱を13a、ヒノヒカリ13aを有機無農薬で栽培します。これとは別に除草剤1回散布と苗箱用の病害虫予防材1回を使用予定のへの字農法の特別栽培米をミルキークイーンで40a、ヒノヒカリで20aでやってみようと思っています。

あと酒造メーカー白鶴さんと契約栽培している日本晴と中生新千本も10aづつで試験的にへの字栽培をしてみたいと思います。こちらの方は作付け面積が膨大なので、いきなり変えるわけにはいきませんのでボチボチやっていきます。

話しは変わりますが、私の1人娘が保育園に行きだして丸1年になります。今日が修了式らしく明日から10日ほど春休みのようです。早いもので去年の桜が咲く頃にピカピカの制服とカバンで入園式にいったのがつい先日のことのように思えます。

来年からは園のプログラムで水泳、英語、音体教室が始まるようで、さらに楽しく充実した保育園生活が待っていると思います。親バカながら日々成長を見守っていく次第でございます。

去年の入園式の時です
hanna01.jpg

こちらが本日の画像です
hanna02.jpg

緑肥(ヘアリーベッチ)を使った無化学肥料栽培 3

前回の緑肥の続きです。

ヘアリーベッチのデメリットの話ですが、他の緑肥植物に比べてまだ実験段階であり確かな情報が出てこないことにあります。また生育が旺盛であり開花期前にもなると1週間で50%増し2週間で100%増しと肥料分(窒素量)が生産されます。窒素過多に陥ると稲の倒伏、害虫の飛来、病気の発病。そして米の食味値低下を招きます。さしずめヘアリーベッチは緑肥界の暴れ馬といったところでしょうか?

的確な窒素を田んぼに還元するために生育量をチェックし適期にトラクターですき込みます。雑草の抑制効果を促すため、すき込み後に直ちに入水します。そして1週間以内に田植えをします。

もし生育量が過剰になってしまった場合はトラクターですき込んだ後、2週間から3週間放置して窒素成分を逃がすことができます。しかし、これをしてしまうと雑草の抑制効果が限りなくゼロになってしまいます。

先日、いったヘアリーベッチの研修会はこの雑草抑制効果をいっさい考慮しない内容でした。窒素過多による上記の稲への弊害を恐れてのことだと思われます。せっかくなので、2例ほど書いてみます。 

------------------------------------------------------------
場所:西南暖地 品種:ヒノヒカリ(中晩生)

A氏(土壌肥沃度:普通)
ヘアリーベッチ播種1月下旬
生育量:2.2kg/㎡   乾物率:10.5% 推定窒素すき込み量:8.8kg/反
ベッチすき込み日:5月30日
入水:6月15日
代掻き:6月15日、18日
田植え:6月21日(坪60株)
反収:590kg/反
A氏の場合、葉中窒素(CCN)の値が成熟にむけて緩やかに減少していき(への字)に近い生育となった。倒伏なし


B氏(土壌肥沃度:肥沃)
ヘアリーベッチ播種11月初旬
生育量:2.3kg/㎡   乾物率:16.1% 推定窒素すき込み量:10.6kg/反
ベッチ裁断日:5月10日
ベッチすき込み日:5月25日
入水:6月7日
代掻き:6月8日、13日
田植え:6月15日(坪60株)
反収:510kg/反
B氏の場合、葉中窒素(CCN)の値が初期から高い数値をだして(5.0%)8月下旬まで窒素過多が続き、刈り取り時には圃場の半分が倒伏した。

以上が研修会での結果です。みなさん試行錯誤されてるようで、挑戦的な農家さん達はこのようなリスクを背負ってでもやる価値がある農法だと感じとっておられるとおもいます。今年の自分のヘアリーベッチがどうなるか楽しみでもあり不安でもあります。控えめだけは心がけて邁進していきたいです。

追伸ベッチの芽がでました。
CIMG1052_R.jpg

CIMG1054_R.jpg

ヘアリーベッチ播種


今日は久しぶりに動きました。

朝起きてネットで天気予報をチェックすると昨日の予定より3時間もはやく雨になるそうで、頼んでおいた手動の散粒機は間に合いそうにもないので、仕方なく動散を使うことを決意。朝9時半の出発になりました。(早く起きろよオレ...)

頼みの父親が不在で一人で田んぼに到着。試しに機械の中に2kgいれていざ種まき開始! 40Mぐらい歩いたところで種終了。エエッ~もう2000円分振ってしまったのかよトホホ。相変わらずの下手糞ぶりに泣けてきます。気を取りなおしてチョロチョロ作戦に変更。よーーし何往復でもしてやるさと一枚の田んぼを5往復かけて蒔きました。正味20分ぐらいでした。

この後は順調に播種作業は進んでいたのですが、田んぼ3枚目にしてスズメが大襲来。数にして50羽程さっき蒔いたベッチちゃんを食っとるではありませんか? 一粒いくらすると思ってんだよコノヤローとロケット花火をお見舞。

予定を変更して表面の種を地中にすき込むためにトラクターでの覆土作業に切り替えるもスズメさんまだ食ってます。クラクション攻撃もあまり功を奏しない。やはり一人は寂しいずら親父さん~ 

すったもんだで、本日の予定の田んぼ5枚分の播種&覆土完了しました。時間は午後3時半でした(すでに小雨)
後は昨日つけた溝の連結作業なんですが、機械で掘れなかった部分を手掘りしていきます5枚×4隅で計20ヶ所。

これまた超重労働で参りました。服もパンツもビショビショで終わったのが午後7時半もう死ねますコレ。でも頑張っただけあって田んぼ5枚とも排水性抜群!! これで湿害対策もなんとかなるでしょう?

すこし見にくいですか作業完了画像です。
CIMG1047-1.jpg

CIMG1046-1.jpg

ヘロヘロになって帰ってきたら母親が夕方に荷物が届いたといってました。遅いぜホントによ。

ヘアリーベッチの播種準備

本日、ヘアリーベッチの播種のため田んぼを耕してきました。兵庫県南部での播種可能時期が3月中旬までなのでかなりあせってます。今年の春は雨が降ったり止んだりでなかなか圃場が乾かないため播種日がズルズルと遅れてしまいました…。

なにせ今年は始めての試みなので研修に行ったり、既に緑肥を導入されてるかたに教えを請いにいったりと準備期間に時間をかけ過ぎたのが今になってこんなにバタバタした状態なのです。なにせ頼んんでいた種子が本日到着し、動力散布機でまく予定だったのですが父親が明日から旅行にいって不在という...。

実は私自身この動散をつかうのが苦手なので任せるつもりだったのですが、お天気の関係上明日までに撒かないと雨がまた連日続くという始末。急遽ネット通販で下記の道具を午前中に注文しました。予定では明日の午後2時に到着それから播種、そしてトラクターで覆土鎮圧という強行スケジュールッぷり。

http://www.agri-style.com/product/index.php?c=product_detail&pk=1387521714

アメダスによると夕方から雨なので間に合うかどうか心配です。最悪クロネコの営業所に自分で引き取りに行こうかなと思っています。明日は午前中に本日行った溝掘りの4隅の連結を行う予定です。今日は酒を食らって早々にねます。おやすみなさいです。

緑肥(ヘアリーベッチ)を使った無化学肥料栽培 2

昨日の緑肥の続きです。
排水用の溝掘機が以下のページに紹介されています。
http://www.sugano-net.co.jp/products/ditcher/ditcher.html



今年の前田屋はこんな大層なものは使えません。いきなりいろんな機械を買ってしまったら親父がプンプンになってしまいますからね!そんな感じなので近くでの農機具屋さんにお願いして片培土機という機械を導入しました。加工賃込みで締めて税込み1万円です。安過ぎる‼︎ 最初はこんな物でやってみるつもりです。

なぜ? ヘアリーベッチなのかというお話を少しします。肥料と雑草抑制効果の2段構えの緑肥は有機稲作にとって大変魅力的なのですが品種によって特性が様々です。

10年前ぐらいから行われてる菜の花(キガラシ)という緑肥植物は沢山の農家の人たちが試み技術が確立されつつあります。しかしこのキガラシの大きな欠点が一つあります。それは生育に肥料を必要とすることです。このため、種を播種する前に有機稲作の場合は大量の堆肥または有機質肥料を田んぼに与える必要があります。

そのための機械がブロードキャスターとい言います。以下のページに紹介されています。
http://www.sasaki-corp.co.jp/topix/burokasutopix.html



どうでしょうか?稲作はなにをするにしても機械(お金)がかかるものなのです。こういうスポット的に使う物でさえ最低50万以上します。そこでヘアリーベッチの登場です。この緑肥は肥料を与えなくてもグングン育ちます。またキガラシより湿害に強く、より多くの栄養分を田んぼに還元してくれます。

しかし、これもまたデメリットが存在するんですが、それはまた次回のお話といううことで。それと自治体主体でやっているヘアリーベッチの研究会なるものにいってきた成果を併せて書いてみるつもりです。
おやすみなさい

緑肥(ヘアリーベッチ)を使った無化学肥料栽培

 緑肥(ヘアリーベッチ)というのを只今勉強中です。お米を作るまえに前年に刈り取った田んぼに裏作としてレンゲやクローバー、菜の花などの種を蒔き、生育したところをトラクターなどで土の中にすき込むことで肥料とする農法です。

 なぜこれを選んだかという訳ですが、第一に有機栽培に必要な配合済み肥料の値段が高額なことと肥料を人力であれ機械であれ蒔く手間が掛かるということです。

例えば、化学肥料に対して有機質肥料はおよそ3~4倍ぐらいの値段差があり、重量も同じぐらい比例して重くなっていきます。そうなれば人件費ないし労働時間がかかりコストが膨らんでいってしまいます。

 それに比べて緑肥は稲刈り後の秋ないし春先に田んぼ10アール当たり3~5kgを動墳(動力散布機)という機械で田んぼの中を歩いて種を蒔きます。正味5分ぐらいです。それに緑肥を田んぼにすき込む事によって雑草の抑制効果もあるという良いことづくめな農法なのですが、世の中そんなに甘くないわけでデメリットも存在します。

 緑肥全般的に言えることですが湿田に弱いということです。これらの植物が畑作物であることに由来します。湿害を受けると生育が極端に鈍り最後には枯れてしまいます。これは乾田であっても集中豪雨などで冠水してしまうとアウトになります。

これらを避けるため田んぼの周りをグルリと溝をつけ排水口に繋げるなどをして万全の排水対策を講じる必要がでてきます。それ専用の機械があるんですけどそれは次の機会に紹介します。あぁねみ~~なぁ
おわり

最初の一歩(稲作編)

足掛け8年。ついに前田屋が始動する時がやってまいりました。
親の経営を引き継ぎ、新たな農法を模索しながら日々頑張っていきたいと思っております。
まず、今年の目標を少し書いていきます。

◆緑肥を使った無化学肥料栽培
◆機械除草を使った無農薬栽培
◆慣行栽培からの脱却(への字稲作への挑戦)
◆緑肥とへの字稲作の究極合体(出来るか?)

失敗はすると思います。でも、長年農業に従事してきた父親と
一緒に試行錯誤しながら二人三脚前進あるのみ
プロフィール

maedaya

Author:maedaya
兵庫県南部で稲作をしています。自分が美味しいと納得した品種のお米を作っていこうという農業ブログです。28年度は「ミルキークイーン」「いのちの壱」「イセヒカリ」「夢ごこち」の4品種に挑戦します。あと、一人娘の成長記録も兼ねています。

ショッピングカートはじめました!
ファーム前田屋販売HP


最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR